今から始める推薦入試対策

公募推薦やAOといった推薦入試は大学によって出題形式もさまざまであり、それぞれに合った対策が必要不可欠です。
インフィアでは、各大学の医学部推薦入試に対応した対策講座を実施しています。
下記の講座は一例です。詳細は、お電話にてお問い合わせください。
TEL 077-527-9801

短期特訓小論文・面接対策、志望動機作成

受験生からもっとも多い疑問が「小論文対策」。特に推薦を考える場合は、間近に迫っている大問題。ここでは短期間で最大限の文章推敲力を鍛え上げると同時に、志望動機の書き方および面接対策を伝授します。

今から始める推薦対策 大阪医科大学向け

今年から推薦入試として「建学の精神」入試が始まる。センター5教科に加えて2回の面接が必要。高校3年間の活動報告書の提出も求められる。

今から始める推薦対策 関西医科大学向け

学習環境が向上し、さらなる受験者増加が見込まれ、ハイレベルでの争いになることが予想されます。総合的な対策が必要です。

今から始める推薦対策 近畿大学医学部向け

医学部推薦入試の中で、唯一「併願」が可能なため、非常に倍率が高く合格には高得点を求められます。今年から英語と理科の配点が同じになりました。

今から始める推薦対策 兵庫医科大学向け

英語、数学ともにやや難しく、基礎レベルでの出題とはいえません。理科2科目は分量多め。記述・計算は煩雑。総合力を問われます。時間と内容ともに対策が大切です。

今から始める推薦対策 金沢医科大学向け

2018年度から特別推薦入試と指定校推薦の二本立てになる。特別推薦入試の概要は未発表なので、今後の動向に注目。

今から始める推薦対策 藤田保健衛生大学向け

今年も現役生のみ。試験時間は英、数が90分、小論文が50分。面接は個人面接に加えてグループ面接です。

今から始める推薦対策 岩手医科大学向け

英語と数学は40分、理科は60分で基本的な問題が中心。一般入試と比較すると大幅に時間が短いため基本的なことを確実にすることが求められます。

今から始める推薦対策 愛知医科大学向け

1浪生も受験可。英語・数学は、時間が60分で短く、素早くかつ正確に解く必要があります。小論文は文章読解型。記述字数は少なめです。面接は5段階評価。

今から始める推薦対策 福岡大学向け

小論文がなくグループ討論と英語・数学を同時に解きます。受験科目が少なく、出題内容が基本的であるため、合格ラインが高く、時間配分を含めた対策が大切です。

今から始める推薦対策 産業医科大学向け

産業医科の推薦入試の小論文は、一般的な小論文ではなく、総合問題と言えるもの。対策なしに初見で対応するのは至難の業です。受験を考えている方は、この講座で総合問題対策をしておきましょう。

ページトップへ